違いはあるの?|たくさんある病院の中からピッタリの内科を探す方法

内科MAGAZINE

内科と外科にはどういった違いがあるのでしょうか

違いはあるの?

病室

内科とは

内科は身体の内側に関しての診療を行う医療機関です。主なものとして胃や腸などの臓器があげられますね。風邪などの軽い症状やちょっとしたケガなどの診療や治療を行うのが内科の主な役割になってきますが、身体の不調を引き起こしている原因を探り、適切な科での診療を勧めてあげるのも内科の大切な役割になります。世田谷区にある内科は身体の不調に対して的確な診断を行い、他の科へと受け渡す窓口のような役割を持っています。また内科では薬を使っての治療が主になってきます。

外科とは

外科は内科と違い手術によって治療を行っていくことがほとんどです。薬で治療が出来ない悪い部分を手術で取り除くのが外科の役割になります。最近では医療技術や機械の発達により、より細かな部分も手術できるようになってきたので外科の医師は繊細さと細やかさを持っている人がたくさんいます。そのため安心して治療を受けることが出来るようになっています。

内科と外科の違い

内科と外科の大きな違いは手術を行うか行わないかです。薬の投与や服用で身体の不調を治療していくのが内科で、手術により身体の不調を治療していくのが外科と覚えておけば良いでしょう。日本にはたくさんの医師がいますが、どの医師であっても今回紹介した内科か外科に振り分けられます。

まずは内科を受診しよう

内科の役割と外科の役割、内科と外科の違いについて解説してきました。身体の不調の原因が明らかになっている場合であれば自分で何科を受診するか判断しても良いのですが、原因がハッキリとしない場合はまず内科を受診するようにしましょう。内科を受診することで不調の原因を確定し、より適切な医療機関で治療を受けることができるようになります。

広告募集中